プロフィール

marimo

Author:marimo
プードル狂なトリマー
美しくノーブルで健全な
正統派プードルを
こよなく愛しています。
プードルブームには
基本的にアンチ派。
プードルはおもちゃじゃありません。

07/07
7年半続けた
ちまいトリミングショップ
を片付けて
故郷の南の島に戻りました
現在悪戦苦闘中~orz

アヒルのワルツ

オルゴールのとってをくるくる回すべし♪

Link

このブログをリンクに追加する

Link

管理者ページ

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09« 2017/10 »11

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DNA Test for CL 

jbcnbanner2.gif

JAPAN BORDER COLLIE HEALTH NETWORK

ボーダーコリー愛好家達の熱意により立ち上がったJBCHN、
いよいよ本日よりCL症のテスト受付スタートなのです。
CL症テストの検査料、なんと¥6.000です。
国内の数箇所のラボが検査可能とサイトに表示してたけど
確か倍額以上してたような。
この格安な検査料、素晴らしい。
しかも!!!
検査料のうちAUS$10を
TNSのDNA特定の為の研究を進めているラボに研究助成金として寄付、
必要経費を除く残りの金額を
「動物遺伝病予防のための研究助成金」として
大学の研究室に寄付、なんだそうです。
すっばらしーーー
CLのテストを受ける事はまた次の遺伝性疾患テストの研究の役に立つ訳で。
(ちなみにJBCHN自体はボランティア運営)

いや、これまでだって愛犬達の検査の為にラボに支払う検査費は
そのラボに利益がいって更なる研究を進める訳なんだからって
そういう気持ちも持って支払してたけど
こう明言されて書かれたのを見るとなんかいいですね。

いいないいないいなぁ。羨ましいなぁ。
ボーダーの方達頑張ってますね。
ここまで漕ぎ着ける為の努力も並大抵なものではなかったと察します。
CLは「致死」の恐ろしい病気だから根絶が強く望まれているし
国内にしっかりした検査窓口が出来た事、
そしてセミ・オープンではあるけれど
データベースとして検査結果を公開する場所も設けられた事、
やはり羨ましいとしか言いようが無いかも。

日本は遺伝性疾患への取り組みが非常に遅れているけれど
こうやってほんの少しずつでも前進していくんですね。
プードルじゃなく他犬種の事になりますが
素直にとっても嬉しいです。

Japan Poodle Health Network
なんてものが何時か立ち上がるといいな。
スポンサーサイト
OFA結果:OZ&Fiona | HOME | GTGのサイト更新

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 
| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。