プロフィール

marimo

Author:marimo
プードル狂なトリマー
美しくノーブルで健全な
正統派プードルを
こよなく愛しています。
プードルブームには
基本的にアンチ派。
プードルはおもちゃじゃありません。

07/07
7年半続けた
ちまいトリミングショップ
を片付けて
故郷の南の島に戻りました
現在悪戦苦闘中~orz

アヒルのワルツ

オルゴールのとってをくるくる回すべし♪

Link

このブログをリンクに追加する

Link

管理者ページ

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09« 2017/10 »11

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PRAレポートについて 

testreport-2.jpg

昨夜PRAレポ2004を一区切りのついたところでUPしました。 
レポを未読の方は、そちらに目を通してから 
この日記の駄文を読んでいただけると幸いです。 
 
チェックして下さった方はご存知でしょうが 
昨年受けたprcd-PRAの検査で 
うちの子の1頭にPRAキャリアという検査結果が出ました。 
詳しくはレポートに詳述しましたので省きますが 
私はこの件に関してはかなり悩んだ末に、、、 
レポートでの結果公開に踏み切りました。 
悩む理由は様々ですが 
やはり一番はこの結果に自分自身がショックを受けていた事。 
また、遺伝病に関する認識不足の方による 
妙な誤解を招きたくなかったという気持ちも強く有りました。 
この病気の遺伝システムを理解している方には 
キャリア結果についてもお話できますが 
誰でもアクセス可能なサイト上に 
結果を公表する事がどのような影響を生み出すのか、それが怖くもありました。 
 
しかし、この検査結果を公表する事で 
prcd-PRAは実際にプードルを脅かしている遺伝性疾患である事、 
繁殖の前には必ず検査をしてコントロールし 
健全な子を次の代、そしてまた次の代へと繋げていく大切さを 
訴えかけていけるのならばと思い、公開する事を決めました。 
ひとりでも真剣に考えてくださる方が増える事を願います。 
 
prcd-PRAは、検査結果さえしっかりわかっていれば 
単純にコントロール可能な病気です。 
たとえtype-Cの犬からでも、 
先を見越したブリーディングプランを立てる事で 
因子を排除しつつ血を繋ぐことが可能なのです。 
DNA検査はブリーディングに明確な指標を与えてくれるものです。 
この検査の結果は黒か白しかでないと 
誤解なさってる方が多い様なのは非常に残念です。 
 
うちでキャリアの結果が出た子についてですが 
今後繁殖の可能性の低い子でした。 
次世代にType-Aの子を残してくれてますので 
それでいいと考えています。 
年齢的にも健康を考えてそろそろ去勢をと思っていました。 
次世代を残していますが 
幸いにもカップリング相手がType-Aであった事もわかり 
手元にいる子達に発症の可能性はないと言う事になります。 
物凄く幸運だったと言えるでしょう。 
(もう1頭検査してみないとなんとも言えませんが 
これまでの検査結果・現在の犬達の状況から考えてみるに、 
type-Cが産まれている確立はかなり低いと考えています) 
 
私は数回、趣味的な繁殖を経験していますが 
あくまで自分の為?の繁殖であって 
(愛犬の血を良い形で繋げていきたい。そしてその子孫と暮したい) 
これまで外から交配依頼が有っても頑なに断り続けてきました。 
外掛けナシ。自家繁殖の場合に限って交配をしてきました。 
乱繁殖に加担したくはありませんでしたし 
たかが交配、されど交配。 
自分の知らない所で愛犬の子が産まれるという事に抵抗があったからです。 
頑固すぎるといわれる事もあったけど 
ポリシーを貫いてきて良かったと思っています。 
 
もし、交配依頼を受けて色んな子にこのキャリアの子を交配していたら 
prcd-PRAの因子を拡散させて、最悪の場合には 
同じくキャリアの犬に当って発症犬を生み出していたかも知れません。 
安易な繁殖ほど怖いものは無いとつくづく感じました。 
 
長くなってまとまりつかなくなってきました(苦笑) 
今日は取り合えずこのへんでおしまい。
スポンサーサイト
PRAレポートについて その2 | HOME | Rainbow Maker

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。