プロフィール

marimo

Author:marimo
プードル狂なトリマー
美しくノーブルで健全な
正統派プードルを
こよなく愛しています。
プードルブームには
基本的にアンチ派。
プードルはおもちゃじゃありません。

07/07
7年半続けた
ちまいトリミングショップ
を片付けて
故郷の南の島に戻りました
現在悪戦苦闘中~orz

アヒルのワルツ

オルゴールのとってをくるくる回すべし♪

Link

このブログをリンクに追加する

Link

管理者ページ

S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
02« 2005/03 »04

カレンダー

02 | 2005/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事+コメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Rainbow Maker 

050314-1.jpg

http://www.bidders.co.jp/dap/sv/nor1?id=42540527&p=y#body 
 
先日衝動買いしちゃったんですけど 
お天気が悪くて作動するのはほんの僅かな時間という 
なんとも残念な状態が続いておりました。 
今日は久々のいいお天気! 
存分にキラキラを堪能ー♪ 
 
カラフルな歯車がゆっくり回るのを 
ぼんやり見るのも楽しいのです。
スポンサーサイト

親戚探しサイト登録削除 

しちゃいました。 
前々から考えていた事ではあったんだけど、やっと実行。 
昨日削除申請を出し、本日登録削除を確認いたしました。 
これでちょっと一安心。 
そのサイト繋がりから親戚さんとしてコンタクトがあり、
多少のお付き合いがあったけれど 
実質ここ何年か交流の無いサイト様からも 
失礼を承知でリンクを外して頂きました。 
これで親戚探しサイト関連のお付き合い?は整頓できたかな。 
 
親戚探しサイト、ネットで愛犬の血縁を探し出せることに 
当初は面白くもあったのですが 
やはり、犬への思いと言うか価値観が同じでないと 
お友達としてお付き合いを続けていく事は難しいですね。 
なんとなく疎遠になっていってフェードアウト(苦笑) 
 
同胎犬や異父・異母犬など 
近い血縁の子が見つかるならば 
その血統のタイプを確認出来て面白いです。 
同じ様な目的でブリィーディングされたと思われる子は 
タイプも似てるし親近感も沸きます。 
 
でも、システム上仕方の無い事とはいえ 
3代祖14頭中に1頭程度しか重ならない犬は 
ほぼ他人だし大抵まるっきりタイプが違う。 
あんまり意味がないんですよね。 
検索に引っ掛かるものの殆どがそれでした。
親戚といえば親戚だけど…な遠い血縁犬のオーナーさんから
「似てますね!」と言われると答えに窮して困るし(ほんとに困る)。
年々それが増えてたんですけど 
怖いのは年の若い子ほど犬質が格段に落ちている事。 
ミスカラーの子が登録されていた時には愕然としました。 
(っていうか何故血統書があるの?/苦笑) 
乱繁殖の影響って恐ろしい… 
幸いにも遠すぎるほぼ他人な犬達ではあるけれど 
愛犬の親戚サーチでそういう子がどんどん出てくるのには 
かなり複雑な思いがありました。 
 
それと、登録を削除しようと決心した決定的な原因は 
あるサイトの「遺伝性疾患」関連コンテンツに 
「親戚探しサイトに登録しましょう」と書いてあった一文でしょうか。 
そこに書いてあった理由として 

・親戚の中に遺伝性疾患を発症した犬が居ないか調べられる 
 (これはまだ納得出来る) 
・赤枠が沢山囲われてる♂犬はタイトル持ちの有名犬で 
 遺伝性疾患の検査をされている可能性が高い。 
・外産の犬がいれば、その犬も検査されている可能性が高い。
 
といったような事が情報として書かれていたからです。 
本当に愛犬の血縁背景の遺伝性疾患有無ついて調べたいと思いならば 
どうしてそんな不確かな情報をあてにするんでしょう? 
タイトル持ちだから、外産だからといって 
しっかり検査受けてるとは限りません。 
というか、受けてない犬のほうがまだまだ殆どでしょう? 
これ、わかる人にはわかりますよね。 
もっともらしく色々書いて有りましたが 
「愛犬に出産させるための言い訳一覧」に読めるコンテンツでした。 
自分の我侭の為ならどこまでも拡大解釈OK!な人間の欲望ってのの怖さをひしひしと感じました。

現在、ちまちまとですが愛犬達の遺伝性疾患検査に 
真剣に取り組んでいる身としては 
受け入れがたい内容のものです。 
真に受けた人が居たらどうするんだろう? 
万が一にでも、愛犬達の遺伝性疾患検査の結果を 
そんな軽軽しい繁殖の理由のひとつにされたくはありません。 
私が遺伝性疾患検査の体験レポートを出したり 
結果を公表しているのはそんな事の為じゃ有りません。 
 
考えすぎな部分もあると思いますが 
譲れない部分も大きかったので 
悩んでいるよりはすっきりするよね?と登録を削除しました。 
気持ち、かなーーり軽くなりましたです(笑)

じゃまっこ 

oz


なにしてるかって? 
バザー用品の梱包を邪魔してるのです。 
一生懸命つめつめしているのに 
皆でおもちゃを咥えてきて 
横から箱の中にぽいぽい投げ込むのです。 
じゃーーまぁーー!(怒) 
犯犬は主にオズとカノープス。 
うんうん、おもちゃ投げて欲しいのはわかるけど… 
きみらのおもちゃ、バザーに出してもいいのかね? 
もちろん涎でべとべとなおもちゃなんて 
だぁれも買ってくれないだろうけど(笑)
| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。